Home > gadjets

gadjets Archive

RD-XS53のDVDドライブ交換

所用で大阪・日本橋を彷徨っていて、ふらっと立ち寄った1’sでAD-7200Aを発見。前回来たときにはもう入荷しないって言ってたのに。とりあえずこの機会を逃しては…ということで、

rdxs53_2

1台確保。3,980円也。とりあえずベゼルを全てとっぱらっておく。

次にRD-XS53をラックから引きずり出して分解。旧ドライブをひっぺがした。

rdxs53_1

筐体のフタさえ開ければドライブ自身はネジ3個で外れる。久々に開けたがホコリだらけだったのでついでに掃除もしておく。

ドライブを付け替えフラットケーブルと電源ケーブルを戻した時点で一度TVにつないで電源ON。ドライブのトレイを閉めようとしても閉まらない。EJECT連打でなんとか閉まる。これが噂に効くトレイ開閉誤認識病か。フロントパネルの基板にあるフタ開閉検知マイクロスイッチをショートさせておけば症状は出なくなるとRD Wikiでみたので、フロントパネルを分解。マイクロスイッチにテープを貼り、さらに糸で縛っておいた。

筐体を再組み立てしTVラックに再設置。無事交換完了。試しにDVD-Rを焼いてみたら、8倍速くらい(?)で焼けてる。ドライブの最高速で焼くようにファームを作ってるのかな、なんか得した気分。

ただ1つ、DVDメディアが入ってないとドライブトレイを閉じた時の未ロード検出に2?3分かかる。ドライブファームを1.06に落とすと改善するらしいがもうバラすのが面倒。余ってるディスクを入れてごまかしておく。

復活はしたものの、まあ次壊れたら新機種を買うことになるだろう。そうでなくてもスカパー連動機能付はもはやRD-X*シリーズにしかなくなってるので、全滅する前に確保するかスカパーe2への乗り換えを考えなくては。

RDのDVDドライブが危ない

うちのRD-XS53でDVDを焼くとどうにも失敗するようになった模様。いちおう焼けたようには見えるのだが、自身で認識出来ない。PCのドライブに入れてもダメ。悪評高き東芝サムスンのドライブだったしなあ。当初から焼き具合がドーナツになると不評だったし。

さてどうするか。修理に出しても同じドライブに換装される可能性が高い。自前で交換もいいが対応ドライブの入手が難しくなってきた。一応ソニーNECの7200はいけるらしいが。新機種に買い換えるのもいいがスカパー連動搭載はX8/X9にしかなくなった。X8はかなり安いしいいんだが、XS53もまだHDD録画する分には問題ないしなあ。でもスカパー連動搭載機種もそろそろ予備を確保しておかないとまずい時期かもしれんし。

スカパーe2に乗り換えればRD縛りもなくなるが、マンションの共聴アンテナがなかなか立たない。春に工事するといってたはずだがどうも延期されたらしい。計画がいろいろずれて困るなー。

アメリカからブツ到着

ということで注文していたブツがFedExで到着。

emu1

emu2

E-MUのTracker Pre。久々にオーディオIFを新調してみた。購入先はJRRSHOP。カルフォルニアの楽器屋さん。

Windows7もそこまでやってきているし次にOSを入れ替える時は64bitかなあと思うのだが、いかんせんEchoaidioのGINAは64bit…という以前にVistaですら未サポート。スペックも44.1kHz/16bitでしか使えてなかったし。

で、うちの現在の環境だとギター録音用のアナログHi-Z入力とモニタ用の2ch出力があればいい。出来ればSPDIF出力があれば嬉しいけど無くても困らない(最悪、GinaをサブPCに移して使えばいい)。出来ればPCI/PCIeタイプがいいけどもう選択肢すらほとんどない(E-MUがPCIeで1212を出すってニュースはどうなったんだ)。

となるとUSB or IEEE1394ってことで色々探したが、どれもドライバサポートに不安の残るものばかり。基本的にブリッジICのリファレンスドライバに頼りきってるのが多くて、しかもリファレンスが64bit未対応とかばかりなので、サポートが不安でしょうがない。TASCAMやPresonus辺りは面白そうなんだけどねえ。RMEもいいけど高すぎるし。

ということで、日本撤退して久しいE-MUのTracker Pre(日本未発売)を買ってみた。SPDIFがない以外は文句のないスペック。XP/Vistaの32/64bit両対応なのでおそらくWindows7もサポートしてくれるだろう。E-MUだし。他ではLine6辺りも自社対応で64bit化してるぽい。ソフトに強いメーカのIFは安心かもしれないな。

セットアップはまた週末に。

しかし今回は到着が早かった。7/20に注文して7/23には到着してるんだもんなあ。FedExのトラッキングをチェックする暇もなかった。ということで今更ながら確認。


Date/Time Activity Location Details
Jul 23, 2009 10:44 AM At local FedEx facility OSAKA-SHI SUMINOE-KU JP
Jul 22, 2009 12:47 PM In transit SENNAN-SHI JP
Jul 22, 2009 12:44 PM In transit SENNAN-SHI JP Package available for clearance
Jul 22, 2009 12:44 PM Int'l shipment release SENNAN-SHI JP
Jul 21, 2009 11:58 AM Departed FedEx location ANCHORAGE, AK
Jul 21, 2009 6:09 AM Arrived at FedEx location ANCHORAGE, AK
Jul 21, 2009 3:09 AM Departed FedEx location OAKLAND, CA
Jul 21, 2009 12:07 AM Departed FedEx location OAKLAND, CA
Jul 20, 2009 10:58 PM Arrived at FedEx location OAKLAND, CA
Jul 20, 2009 7:37 PM Left FedEx origin facility IRVINE, CA
Jul 20, 2009 4:10 PM Picked up IRVINE, CA
Jul 20, 2009 3:50 PM Shipment information sent to FedEx

注文後すぐ7/20夕方にFedExで出荷。Irvine→Oaklandときて、その3時間後にはアラスカ。やっぱアンカレッジは物流のハブなんだな。7/21の昼には国際貨物便でアンカレッジを離れ、日付変更線をまたいで7/22お昼に日本到着。泉南市ってことは関西国際空港か。7/23の午前中には大阪市内のFedExに到着し、当日に自宅へ。

FedEx送料は約$35。カートンボックス梱包だからかなり安い。ちょっと衝撃が気になるけども。ちなみにTracker PreのJRRSHOP価格は$149。Provantange辺りだと$130を切ってるのだが、JRRSHOPは簡単に入手出来るクーポンを使うといつでも10%引きな上に送料が安い。しかもPayPalが使える。合計金額では割と安いお店だったりする。この手の商品は送料が馬鹿にならないので、Shipping Feeも計算にいれた上でお店を選ぶのがコツだろうか。

しかしあれだ、まだ音は聞いてないけどスペックだけみると抜群のコストパフォーマンスだな、Tracker Pre。送料込みで$170ちょい。為替レート的に16,000円台になると思われる。年明けの円高のときなら15,000円を切ってただろうな。DAW用のUSBオーディオIFって色々ありそうで実はバリエーションがあまりないから、日本でちゃんと売れば結構いいと思うんだけどなー。

SONYのウォークマンX

新製品が発表されてた。

  • 16/32GBフラッシュ
  • 無線LAN内蔵
  • DnDによる転送可能

おお、DnD転送対応ってことはマスストレージ対応とみていいのか。これはとうとう欧州仕様の国内解禁ですか?めでたい。

16/32GBあればとりあえず容量は問題ない。無線LANでデータ転送出来ないんかなあ。FTP実装するとかsamba搭載でWindowsからマウント出来るとかだととても嬉しいがそこまではさすがに無理?まあUSB2.0でもうちのRio CarbonみたいにHDD遅すぎてチョー遅いってことはないだろうし。あーPodCastダウンロード対応ってことは、自宅LAN内で適当にwwwサーバ立てればなんか擬似データ転送みたいなこと出来るかなあ。

欧州仕様を入手しようかと思ってただけにこれは嬉しい。で、こっちの記事みると5まんえん…うーんうーん5まんえん…32GBが49,800円、16GBが39,800円ってとこだろうか。ワンセグとか要らないからもうちょっと下がらんかな…チョー悩む。

マイナーチェンジ版MediaPass

MediaPassの在庫がなくなったのでamazonで注文しようとすると、とうとう旧版の50枚パックの取り扱いがなくなっていた。しばらく前にマイナーチェンジしたのだが、旧版のほうが安かったし用途的に収納さえ出来ればよかったので旧版ばかり買っていた。が、しょうがないので新版を注文。

パッケージ自体はほとんど変わらない。旧版に比べるとジャケットやCDが若干入れやすくなったかも。

こんな感じに、ジャケット/CD挿入口に切れ込みがつき作業しやすくなった。またそのせいか厚いブックレットも入れやすく。ジャケット帯の挿入ポケットも形状が変更され入れやすくなった(まあうちは国内盤が少ないのであまり恩恵はないが)。

全体的にはPP素材が若干薄くなった気がしないでもないが…気のせいかもしれない。薄くなったとしてもケース自体の剛性には問題なし。

ただ切れ込みが入った分、折り畳み部分が若干ばたつくかも。うちみたいに省スペース化が目的で放置するタイプには問題ないが、持ち出し頻度が高い人には旧版のほうがいいかもしれない。

総じて悪くない改良で値段もほとんど変わらなくなってきたので、わざわざ旧版を買う必要はなさそう。

ホーム > gadjets

nicovideo mylists

Campaign for Tibet

Return to page top