Home > auto

auto Archive

CR-Zの6MT試乗

  • 2010-03-20 (土)
  • auto

6MTの試乗車が入ったというので乗ってきた。スペックはβ + オプションの17インチアルミ。

期待のMTということでちょっと長めにドライブ。市街地?バイバス(高速)?路地裏と一通り走ってみた。まず前回のCVTと比べて足が固い。というか重い。突き上げ感も強い。インチアップしてるからだと思うが、標準の16インチのほうが適度にしなやか感もあって好印象。インチアップしないほうがいいと思う。15インチでもいいくらい。

パワーはそれなり。1.5Lと考えると低速に妙なトルク感があるが、これがモータアシストか。発進時たいしてアクセルを開けてないのに車が前に進む。そのせいでラフにクラッチをつないでもエンストしない。坂道発進時もブレーキアシストしてくれるらしい。便利といえば便利だが、そこまで信用されてないのかこれは、と思わなくもない。

エコモードはやっぱり踏んでも回らない。シフトインジケータ通りにシフトアップしていくととてもエコに走れるが、物凄く忙しい。あっという間に5速まで上げられる。スポーツモードはダイレクト感がよくハンドルもちょっと重くなる。こっちは違和感なし。

6MTは割とかっちり入る。もう少しストロークが短いと完璧だがFFでこれなら合格じゃないかな。ただやっぱり5速で十分かなとは思った。市街地じゃまず6速まで入らない。というか4速固定で流してもいいんじゃないかと思えるほど。

あと物凄く静か。おかげで音を聞きながらのシフトタイミングがとりずらい。密閉感も良いし206なんかと比べると高級な感じがする。

総じて、なかなか面白いクルマだと思う。ただスポーツカーかといわれると…未来的な味付けはいいにしてもスポーツカー的な味付けは乏しく、ライトウェイトって感じでもない。じゃあ何なんだとなるんだが、これはもうCR-Zですとしか言えないなあ。

デザインは概ね良いし乗ってみると面白いんだけど、長く乗れるかというと疑問符がつく。飽きがくるのが早そうな気がしないでもないんだな。

でも困った。コペンかトゥインゴか500辺りに乗り換えようと考えてたのに変な対抗馬でちゃった…

CR-Z試乗

  • 2010-02-27 (土)
  • auto

CR-Zが出たので市内のホンダディーラまで出向いて見てきた。

思いっきり写真を撮り忘れてインパネ1枚しかなかった。CVTモデルが試乗出来た。6MTモデルは3月半ばに試乗車がくるらしい。

これは変な車だなあ。スポーツカーだけどECO。ECOボタンを押しているとアクセルを踏んでもエンジン回転が全然上がらない。ATが滑っているようにも少し感じるが、どちらかというと乗っているというより乗せられてる感。SPORTモードにするとレスポンスが俄然良くなる。こちらは踏んだら踏んだだけエンジン回転が上がるし速い。CVTのせいか滑ってる感はないし反応もとてもよい。

アイドルストップ機能もあるので、交差点で止まるといきなりエンジンが止まる。完全にストップしなくても惰性状態に入るともう止まってる。でもハンドルの油圧(電動?)は効いてるから重くなることはない。

インサイトと違ってガソリンエンジンは常に動作していて、電動モータは補助らしい。1.5Lエンジン+電気ターボみたいな感じかなあ。営業の人いわく2L相当の走りらしいけど、まあ出足は良かった。高速辺りを走らないと判らないが。

ボディは思いのほかよかった。写真だとのっぺり見えるが、実物はかなり押し出しが強くてグラマラス。特にリアフェンダーのふくらみはスポーツカーらしい。インサイトに似ていそうで似ていない。内装はまあまあ。光物が多いのはどうなのか。インパネは見にくい。

総じて、速いのかどうなのかさっぱり判らないスポーツカー。とりあえず1.5Lにしては低速トルクが太い感じはする。これがモータアシストなのか。

値段が微妙だけどかなり気になる。コペンに乗り換えようかなと思っていたけどCR-Zもいいな。

コペンに乗ってきた

  • 2009-06-28 (日)
  • auto

うちの206は今年で10年。来年5回目の車検で11年ということで色々とメンテナンスの必要が出てきた。ミッションケースからの油漏れ、エアコン不調(今年は何故かまだイケてる)、タイミングベルトがそろそろ交換、マフラーもやばい。このままいくと車検代金が余裕で30万超えそうな予感。

ということもあって、ここらへんで乗り換えを考えようかなと思い、いくつかある候補車の調査と試乗をすすめてみることにした。

第1回目はダイハツのコペン。近所のダイハツショールームへ行って試乗してきた。試乗車はノーマルグレード/アクティブトップのAT車。さすがにMT試乗車はない。

乗り込んでみると、まず質感が予想外。軽規格にしては、というか軽とは思えない剛性感。もっとペニャっとしてるかと思ってたのにがっちりしてる。軽のオープンカーだしもっとユルいと思ってたのに。ドアなんかもかなり重い。先日代車で乗ったスイフトのほうがよっぱどぺらっとした内装だったYO…

走り出すと、トルクの出方にまたちょっと意外性が。もっとピーキーなのかと思ったら意外と低いところから食いつく。ターボが低回転から効くんだろうなー。ただ停車?発進はターボが効かない&ATが滑るので超遅い。これはMTじゃないとダメ。ATはマニュアルモード付だが、トルコン仕様だと思うのでたいして面白くはない。これならCVT版のほうがいいのかもしれない。あとブレーキの効きがイマイチだが、これは調整出来るかも。

途中オープンにしてみた。20秒くらいで開閉する。この開放感はなかなか。風の巻き込みも気にならないレベル。

足回りはスポーツカーをうたってるだけに割と固い。ロールも少ないし、ロードノイズも(今の車にしては)結構拾う。ただ純正サスでこれくらいの味付けならありかなと思った。ビルシュタインを入れた特別モデルもあるらしいが、街中なら純正で十分な気もする。

車内は割とやかましい。ガタピシ音もちょっとする。まあこのへんはオープンスポーツということで分相応なのだろう。

総じて最初持っていた印象を覆す出来だと思った。軽規格なのでもっとチャチ(失礼)な感じだと思っていたが、剛性感は素晴らしい。インテリアデザインは古いがまあ許せるレベル。駆動系はMTなら恐らくかなり楽しいと思われる。走るという意味ではATだと超面白くない(スタイル優先ならアリだとは思う)。足回りは固めだが純正でも十分だと思える味付け。

問題は値段だなあ。乗り出しが180万。軽でこれはかなりプレミアムだ。ただ維持費が安いというメリットもあるしレギュラーガソリンも使える。最近仕事の関係で土日&夜しか乗れないことが多いし、この選択肢はアリだ。

最近のエコブームやら排ガス基準の関係で、コペンもそろそろ一旦生産終了の噂がある。ディーラ担当者の話では次に出てくるとしても排ガス規制4ツ星クリアのエンジン+CVTになるんじゃないかということで、ターボ+MTで乗るならここらへんがラストチャンスかもしれない。

次回以降は、スイフトスポーツ、ルノーツィンゴ、207、ポロ、アクセラスポーツ辺りに突撃予定。

アゴだったとかいう話

  • 2009-06-28 (日)
  • auto

英BBCでやってる車番組「Top Gear」で、タイムアタックとか対決企画の覆面ドライバをやってるStigという人物の正体が明らかにされたとのことで、

シューマッハらしいんだが本当かなあ。従来のStigがアゴだったのか、今期のStigがアゴなのかよくわからない。

いずれにしてもStigの腕前は凄いのでシューマッハだった可能性もかなりある…かも。

206の12ヶ月点検

  • 2009-05-23 (土)
  • auto

奈良に戻ってから初の12ヶ月点検。どこで見てもらおうかと思案してたのだが、元々プジョーに関しては選択肢がほとんどない。結局県内唯一の正規ディーラーであるプジョー奈良にお願いした。

橿原から結構遠い立地だが京奈和バイパスを利用すれば30分とかからない。便利になったなあ。10時過ぎに到着。
車を預けた後、代車を借り時間潰しに。東京だと1?2日預けていたが今回は2?3時間であがるらしい。ちなみに代車は現行型スイフトだった。スイスポが気になってただけにちょっと嬉しい。

丁度3時間後作業完了。バッテリが寿命間近ということで交換、リアワイパーゴムも交換。他は予想通り。フロントブレーキパッドは4mm残りで次回交換かなあ。気になってたクラッチペダル異音は恐らくクラッチワイヤーじゃないかとの診断。まあそんなとこだろうなと思いつつ今回は放置。あとミッションオイル漏れとタイミングベルトがそろそろ。オイルはまだ急ぎでもないので次回車検まで放置。ベルトは以前交換した気もするが、ちと整備簿確認。

バッテリ交換で+26k円ほどかかったが、概ね規定のプジョーメンテナンス費内で済んだ。応対も丁寧だったしまたお世話になるだろう。

そういやホイールのロックボルトのアダプタを渡し忘れていたが、問題なくホイール脱着したみたい。整備工場って万能アダプタでもあるのかな。

ホーム > auto

nicovideo mylists

Campaign for Tibet

Return to page top